MOVIE
2021.11.24
日々働くパティシエをサポートする為に!赤崎 哲朗シェフが考えるコックコートのカタチとは…『赤崎シェフ×住商モンブラン』

パティシエが毎日身を包むコックコート。

「製菓業界で女性が多く働くようになり、労働環境の改善が叫ばれる中で、日々過酷な厨房内で働くスタッフたちをどうにかサポートできないだろうか?」
そんな想いを以前から抱いていたのは、2021年9月に大阪の福島区に自身のお店をオープンさせたPHILO&Co.(フィロアンドカンパニー)の赤崎 哲朗シェフ。

製造現場では、重い物を運び、オーブンからの熱さに耐え、そして温度管理が必要な製造をする際には寒さにも耐える必要もある。
こんな過酷な状況下で、従来からのコックコートでいいのだろうか。

「スタッフはお店のエンジン」
そう語る赤崎シェフ。

「汗をかき頑張るスタッフたちのために、ヘルスケアの観点から新しいからコックコートを開発し、サポートしてあげたい」
そんなシェフの想いを実現するために動いたのが、飲食業界のユニフォーム製造のスペシャリストである”住商モンブラン”。

赤崎シェフと何度もやり取りを重ね、試行錯誤を繰り返して開発された、現場のためのコックコートとは。

一年以上の月日を費やして製作されたコックコートの開発から完成までをchefnoが独自取材しました。

現場のスタッフを支えるコックコートの意義とその魅力を、ぜひ動画でご覧ください。

●撮影協力
パティスリー PHILO&Co.
住所:大阪市福島区福島4丁目1-77
運営サイトはこちらから

 

住商モンブラン株式会社
運営サイトはこちらから

この動画をシェアする
Writer
chefno編集部
chefno編集部
運営サイトはこちら
製菓製パン業界に関わる情報を日々更新中! 職人さんに「こんな情報欲しかった」と言っていただけるように、常にアンテナを張って情報を追い求めています。 全国津々浦々、良い情報があればいつでも飛んでいきます。 取材ご希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡下さい!
1
ARTICLE
2022.10.11
女性も長く働ける製菓・製パン業界へ!vol.2「家族の笑顔を生み出してきたパンとお菓子のお店」gloupan 片倉 知美
chefno編集部
パティシエール兼ライターの卵 ハルミ
2
ARTICLE
2022.12.02
ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.44『Fouée (フエ)というパンをご存知ですか?』
成澤 芽衣
3
ARTICLE
2022.05.04
「素材の自社加工」と「我が街のブランド化」で快進撃を続けるケーキハウス ツマガリ
吉村 智樹
4
ARTICLE
2021.12.09
ケーキ自販機が活躍!コロナ禍で売り上げに悩むパティスリーを救う
chefno編集部
編集長 リョウ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!