ARTICLE
2022.03.31
フランスからつづる!パティシエ通信 by岸 綾子 Vol.17『パック(復活祭)の準備で大忙し』

皆さんBonjour 、パティシエの岸です。

前回の記事でお伝えしました通り、私が担当の「パティシエ通信」もいよいよ最後のお届けです!

今回は、最後にふさわしい題材「パック(復活祭)」です。
「おい綾子!パティシエ通信が終わるの寂しいからって復活したいんかい!!」。
すみません、一人で盛り上がってしまいました(笑)

ということで、本題に戻ります。
「パック」といってもいまいちピンと来ない方もいるかも知れませんが、英語でいう「イースター」と聞くとお分かりになるかと思います。

フランスでは、日本での「ひなまつり」需要に相当する行事で、力をいれているパティスリーが多いです。

パティスリーだけでなく、ショコラトリーやスーパーでも関連商品が販売されており「パック」の数週間前から卵やウサギの形を模したチョコレートが棚に並び、飛ぶように売れていきます。

フランスの家庭ではこれらのチョコレートを庭に隠して、子供たちが宝探しをして楽しむ、という習慣があります。
卵のモチーフの起源は古代エジプト・ローマ時代。生命や春のシンボルとして色付けをした卵を贈り合う習慣が元になっています。

▲スーパーで販売されているパック関連の商品

パティスリーではパックのある週末にケーキが飛ぶように売れます(笑)

私が働く店「L’A pâtisserie」では、今年は“フレジエ ジャポネ”と題して、抹茶のショートケーキをパック用のスペシャルガトーとして販売することになっており、予約注文も順調に入ってきています。

ケーキ以外では、チョコレートで関連商品を作っています。
空洞の卵型の中に魚や卵の小さなチョコレートを入れてリボンで飾ったものにしてみました~。

▲L’A pâtisserieで販売する卵型のチョコレート

ウサギと魚…
一見パックとは何の関係もなさそうなこの2つ。
ウサギは豊かさと春の象徴とされてていますが、一説には、そのむかし貧しい女性が子供たちにお菓子をあげられない代わりに飾りをつけた卵を庭に隠し、宝探しを始めた子供たちが卵のそばにウサギを見つけ、ウサギが卵を産んだと思いこんだ、というドイツの古いお話が元になっている、とのことです。

魚はというと、パックと時期的に近い4月1日のエイプリルフールが、フランスでは「ポワソンダヴリル(4月の魚)」と呼ばれることから、どさくさに紛れて仲間入りしています。

今では、卵を産むのはニワトリという印象が根付きニワトリも仲間入りして、ニワトリ型のチョコレートもあります。

何気ないことですが、つくり手としてなぜ今この様なお菓子を作っているのか、歴史を紐解きながら理解すると面白いです。

フランスでは、宗教とお菓子が深く結び付いており、そのお菓子にまつわる歴史的なエピソードがあることが多いです。
そのため、お菓子がフランス文化と共に歴史を歩んで来ているというのが、各パティスリーでの力の入れ方から感じることができます。

全く新しい奇抜な新商品を考えることも大事ですが、伝統的なお菓子への理解をより深め、そこに自分らしさをプラスする事も大事ではないかと思います。

そんなこんなで、これからもフランスでは綾子スタイルを貫いていきたいと思います!

 

ではでは、これで「岸 綾子のパティシエ通信」終了です。

渡仏して、日本との文化の違いを感じたり、パティシエという職業にさらに誇りを感じたり、価値観の違いに腹が立ったりと(笑)

これが非常に面白くて、この経験をフランスに興味のあるパティシエの皆さんに発信したくてchefno(シェフノ)さんのお力を借りて配信できたことは嬉しく思います。

コロナが落ち着いて、皆さんがフランスに来られる機会があり、「あのパティシエ通信の岸 綾子はホンマに頑張ってんのかいな?」と思われた方は、ぜひフォンテーヌブローにある「L’A pâtisserie」に足をお運びいただけると嬉しいです。

ありがとうございました!

À bientôt

 

編集部からのお知らせ

これで岸 綾子さん担当の『パティシエ通信』は終了ですが、近いうちに新たなフランス在住のパティシエを迎え、復活する予定ですので皆さんお楽しみに!

 

 

関連リンク

この記事をシェアする
Writer
岸 綾子
岸 綾子
運営サイトはこちら
L'a pâtisserieシェフパティシエ。 日本では、神戸の『御影高杉』、『モンプリュ』で修業後、実家のパティスリーボンファルタに戻り9年シェフを務めました。 2016年に渡仏後は、ロレーヌ地方のパティスリー フレッソン、パリのオテル ル ブリストルやメゾン マルケス(ブーランジェリー パティスリー)などで就労し、現在フォンテーヌブローの『L'a pâtisserie』シェフパティシエとして働いております。フランスから、私目線でフランスの魅力やお菓子のこと、日々の出来事を綴ります。
1
MOVIE
2022.02.23
赤崎哲朗シェフ(Philo&Co.)×冨田大介シェフ(カルチェ・ラタン) スペシャル対談 / プロローグ 「冨田シェフが赤崎シェフの新店舗を訪問」
chefno編集部
2
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
3
ARTICLE
2022.05.19
フランスからつづる!パティシエ通信 by木村 翔 Vol.4『ワーキングホリデーで経験した苦い思い出があるから今がある』前編
木村 翔
4
ARTICLE
2022.05.20
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.23『フランスでの食生活について』
成澤 芽衣
無料会員を募集しています!
chefnoでは、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!