ARTICLE
2022.05.13
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.22『ブーランジェ仲間がフランス アンジェで開業しました』

こんにちは。

今回は、私の良きライバルであり友人でもあるブーランジェのダヴィッド氏の開業について話をしたいと思います。

彼とは、私が2019年にフランス東部のストラスブールからアンジェに引越してきた時からの友人です。

▲私が住むアンジェは、メーヌ河岸の丘の斜面に築かれた町ということで西のロワール古城めぐりの玄関口でもあります。そのなかでもアンジェ城が有名です

アンジェで勤め始めたブーランジュリーの同僚がダヴィット氏でした。その頃から彼は、ブーランジェとして働きながら、店の近くにある専門学校にて週2回ほど講師として授業をするなど、本当にパンのことが好きな熱い職人です。彼とは「フランスのパン文化」や「パンとワインの相性」、そして「日本におけるフランスパンのあり方」など、パン製造以外のことでも真剣に語り合える仲です。

▲パンを常に愛しているダヴィッド氏。彼の口癖は「愛を持ってパンを作りなさい!」

そんな彼が、2022年5月10日に自身のお店をアンジェにオープンしました!
彼は、パン職人になってから開業することをずっと目標にしていたこともあり、その夢が実現すると聞いた時は、私も自分のことのように嬉しくなりました。そして、フランスでのパン屋開業を目標にしている私にとって、とても良い刺激になった出来事でした。

ここからは、そんな彼が開業するまでの様子をご紹介します。
開業する物件が決まったのが2021年12月。それからオープンまでの半年間は、開業準備のために忙しそうでしたが、同じく開業を目指す私にも、開業時に必要な準備や手続き(銀行や会計士に提出する書類など)について惜しみなく教えてくれました。その寛大さに、本当に感謝の言葉しか出なかったです。

彼が様々な手続きを終え、実際に自分の店の厨房に入って作業ができるようになったのが2022年の3月でした。購入したのは元々パン屋さんの居抜き物件。購入当初の厨房と売り場はお世辞にも綺麗とは言えない状態でした。

▲2022年3月、物件を購入した当初の店の状態。乱雑に物が置かれたままでした

彼はブーランジェ仲間に声をかけて、かなり汚れていた箇所も皆で2週間休まず掃除を行い(私もサポートできる日は手伝いました)、何とか新しい機械の搬入ができる状態までになりました。

▲この状態から大掃除が始まりました。う~ん、気が遠くなりそう

▲皆で隅々まで掃除をしていきます

▲掃除を終え、少しづつ製造機械や店舗用の什器が搬入されていきます

2022年3月に、大家さんから物件の鍵をもらったばかりの頃の彼は、まだ「経営者」という感じは全くなく、いつもの同僚であるダヴィッドとなんら変わりはありませんでしたが、5月に入り、若い従業員達に指導しながらオープンまでの最終調整をしている姿を見ていると、なんとも頼もしいオーナー・シェフである彼がそこに居ました。

▲ダヴィッド氏の指示のもと、若手スタッフがてきぱきと動きます

▲オープン直前の試作品。全部美味しかったですよ!う~ん、オープン後のお客さんの反応が楽しみですね

同じ志を持つ仲間が、これからオーナーとして店を切り盛りしていく姿を間近で見られることを嬉しく思いつつ、私自身も開業に向けて前進していきたいと改めて思い返すきっかけになりました。

皆さん、フランスに来られる際はぜひロワール地方 アンジェのダヴィッド氏のお店「La Boulangerie Simplement」にも立ち寄ってみてくださいね!

▲お店の外観

▲販売されているパン

彼の、伝統を大切にした製法と、こだわりの小麦粉や地元の食材で作られたとても美味しいパン、そして素晴らしいダヴィッドのチームの皆があたたかく迎えてくれることでしょう!

▲ダヴィッドだけでなく、スタッフも皆さん気さくな方ばかり

 

 

●About Shop
❏La Boulangerie Simplement
住所:58 Rue Jules Guitton 49000 Angers
公式Instagram:公式アカウントはこちらから

関連リンク
この記事をシェアする
Writer
成澤 芽衣
成澤 芽衣
運営サイトはこちら
2017年 フランス全国バゲットトラディションコンクール 優勝。 現在はフランスでフリーランスのパン職人として活動する傍ら、日本でのイベントや、東京にあるベーカリーでパンの監修をさせていただいております。 フランスから私なりの視点で、パンのこと、普段のことなどなど。 生のフランス情報をお贈りします。
1
MOVIE
2022.02.23
赤崎哲朗シェフ(Philo&Co.)×冨田大介シェフ(カルチェ・ラタン) スペシャル対談 / プロローグ 「冨田シェフが赤崎シェフの新店舗を訪問」
chefno編集部
2
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
3
ARTICLE
2022.05.19
フランスからつづる!パティシエ通信 by木村 翔 Vol.4『ワーキングホリデーで経験した苦い思い出があるから今がある』前編
木村 翔
4
ARTICLE
2022.05.20
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.23『フランスでの食生活について』
成澤 芽衣
無料会員を募集しています!
chefnoでは、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!