ARTICLE
2022.10.28
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.41『FÊTE DU PAIN (パンの祭典)に参加しました!』

こんにちは。

フランスには各県に「ブーランジュリー・パティスリー連盟(Fédération départementale de la boulangerie et pâtisserie)」、さらにそれらを統括する「全国ブーランジュリー・パティスリー連盟(Confédération Nationale de la Boulangerie-Pâtisserie Française)」があります。

今回、「ブーランジュリー・パティスリー連盟」主催で、10月に開催された「FÊTE DU PAIN (パンの祭典)」に参加してきましたので、その様子をお伝えします。

このイベントでは、クロワッサン・バゲット・ブリオッシュやピエスモンテなど、カテゴリー毎にコンクールが開催されます。県大会レベルのコンテストということもあり、各選手が作った作品のクオリティはとても高いです。コンクール出品作品は一般公開もされるので、通りすがりの一般の方々も興味津々で作品を見られていました。

クロワッサンコンクールの出品作品たち

▲クロワッサンコンクールの出品作品たち

ブリオッシュコンクールの出品作品たち

▲ブリオッシュコンクールの出品作品たち

また、コンクールと並行して、同連盟に加入しているパン職人達が有志で集まり、朝から晩までひたすらパンを作ります。そのパン達は会場内の売り場に並べられ、これもまた有志で集まったヴァンドゥーズ達が素敵な笑顔でお客様に販売してくれます。

今回、私は有志で集まったパン職人の一人として参加しました。参加をしたブーランジェ達は、パン作りに熱い想いを抱く職人ばかりなので、彼らと一緒にパンを作ることは、体力的にきつくても「楽しい!」という想いが先行します。ブーランジェ達はみな、前日遅くまで生地の仕込みをし、翌早朝からコンクール作品を作り、それが終わると販売用のパンをせっせと作ります。とてもハードスケジュールですが、皆さん楽しそうです。

ブーランジェ仲間と一緒にバゲットを成形しています

▲ブーランジェ仲間と一緒にバゲットを成形しています

お客様も興味津々!

▲お客様も興味津々!

みんなで楽しくフォカッチャに具材をトッピングしている様子

▲みんなで楽しくフォカッチャに具材をトッピングしている様子

私たちは、国も違えば、食生活・教育など全く違う文化を持ちます。この瞬間にこの場所に集ったパン職人たちに共通している事は、フランスのパン文化への敬意だけです。ただ、それさえ有れば国籍など関係なく、この楽しく素晴らしい時間を共有できるのだと実感しました。

今回このイベントへの参加を私に提案してくれたのは、アンジェ市内にある「ラ・ドレエンヌ(La Doréenne)」と言うブーランジュリーのオーナーシェフ、アントニー・ガブリオ氏です。彼自身精力的にコンクールに参加しており、従業員の指導にも非常に熱心。アントニー氏の元で働く若きブーランジェ達のほぼ全員が、毎年行われる県コンクールで金賞、銀賞を総なめにしています。

アントニー氏との出会いは、2017年のバゲットコンクール。同じ出場者であり、ライバルでした。それから5年、様々なパンのイベントに共に参加する間柄になりました。ライバルとして出会いましたが、今ではパンに対する情熱を共有しあえる大事なブーランジェ仲間の1人になっています。そしてなんと今大会の「県内ベスト・ブーランジュリー(La Meilleure Boulangerie)」の第一位に、アントニー氏のお店「ラ・ドレエンヌ(La Doréenne)」が選ばれました。彼と、ヴァンドゥーズである奥様の日々の努力が評価された事は、友人である私にとっても、とても喜ばしい出来事でした。

県内ベスト・ブーランジュリー( La Meilleure Boulangerie)に選ばれたラ・ドレエンヌのアントニー氏とその従業員達

▲県内ベスト・ブーランジュリー(La Meilleure Boulangerie)に選ばれたラ・ドレエンヌのアントニー氏とその従業員達

販売責任者の奥様と一緒に。おめでとう‼︎

▲販売責任者の奥様と一緒に。おめでとう‼︎

その場で焼き上げたパンを、地元のお客様に購入していただき、「美味しい!」の言葉を直接聞ける事。そんな当たり前の様で、実はとても貴重な時間を過ごせる事への感謝を噛み締めながら、イベントを目一杯楽しみました。

 

この記事をシェアする
Writer
成澤 芽衣
成澤 芽衣
運営サイトはこちら
2017年 フランス全国バゲットトラディションコンクール 優勝。 現在はフランスでフリーランスのパン職人として活動する傍ら、日本でのイベントや、東京にあるベーカリーでパンの監修をさせていただいております。 フランスから私なりの視点で、パンのこと、普段のことなどなど。 生のフランス情報をお贈りします。
1
ARTICLE
2022.10.11
女性も長く働ける製菓・製パン業界へ!vol.2「家族の笑顔を生み出してきたパンとお菓子のお店」gloupan 片倉 知美
chefno編集部
パティシエール兼ライターの卵 ハルミ
2
ARTICLE
2022.12.02
ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.44『Fouée (フエ)というパンをご存知ですか?』
成澤 芽衣
3
ARTICLE
2022.05.04
「素材の自社加工」と「我が街のブランド化」で快進撃を続けるケーキハウス ツマガリ
吉村 智樹
4
ARTICLE
2021.12.09
ケーキ自販機が活躍!コロナ禍で売り上げに悩むパティスリーを救う
chefno編集部
編集長 リョウ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!