ARTICLE
2022.06.13
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第24回『道具の名前』

いつかフランスで働きたい!という方へ。

このシリーズでは、押さえておくべき基本から、実際に製パン・製菓の現場で使われている言葉や、教科書には載っていないけど日常生活の会話に良く出てくる表現などにフォーカスして、かゆいところに手の届く“使える”フランス語をご紹介します。

フランス語って難しいイメージがありますよね。

その通り。フランス語はたしかに難しいです。
いざ勉強をはじめてみると女性名詞や男性名詞の違い、動詞の語尾変化や発音の難しさなど、なかなか一朝一夕にマスターできるものではありません。

それでもみなさんの夢がすこしでも近づくように、ポイントをおさえて楽しくフランス語を学び、役立ててもらえると嬉しいです!

 

「道具の名前」

普段からみなさんが使い慣れ、呼び慣れている道具の名前も、フランスにいけばまったく違う名前で呼ばれています。どこかで聞いたことがあってなんとなく分かるものもあれば、まったく特殊な固有名詞がついている道具もあります。フランスのお店で「ちょっと○○取って」と言われたときに慌てなくてすむように、ここでひとつでも覚えておくといいですよ!

 

① réfrigérateur (レフレジェラトゥール)=冷蔵庫

☞発音を聞く

一般的な名詞なのになんて発音するのが難しい単語なのでしょうか。「r」が4回も出てきます。ただ、フランス人も発音するのが面倒なのか、日常生活ではみんな「frigo(フリゴ)」と言います。これなら簡単ですね。

Frigo(フリゴ)

☞発音を聞く

ちなみに冷凍庫は「congélateur(コンジェラトゥール)」、急速冷凍庫は「surgélateur(スュルゲラトゥール)」と言います。

「congélateur(コンジェラトゥール)」

☞発音を聞く

「surgélateur(スュルジェラトゥール)」

☞発音を聞く

 

② micro-ondes (ミクロ・オンド)=電子レンジ

☞発音を聞く

電子レンジも仕事場だけでなく日常生活でもよく登場する単語です。

 

③ spatule(スパチュール)=へら、パレットナイフ

☞発音を聞く

へら状の道具を総称して呼びます。フライ返しなども含まれます。パティスリーで使われることの多いパレットナイフですが、真っすぐなものを正確には「spatule droite(スパチュール ドロワット)」、L字パレットのことを「spatule coudée(スパチュール クデ)」と呼びます。「coude」は「ヒジ」の意味で、直訳すると「ヒジ型に曲がったパレット」という意味になります。

spatule droite(スパチュール ドロワット)=パレットナイフ

☞発音を聞く

spatule coudée(スパチュール クデ)=L字型パレット

☞発音を聞く

 

④ Maryse(マリーズ)=ゴムベラ

☞発音を聞く

ゴムベラのことを指します。名前の由来は、このゴムベラを生み出したフランスの有名な調理器具メーカー、De Buyer(ドゥビュイエ)のレオナール氏が、自身が子供の頃に家にいた料理人の名前にちなんで名付けられたそうです。「spatule Marise(スパチュール マリーズ)」とも呼ばれます。

 

⑤ Cul-de-poule (キュ・ドゥ・プゥル)=ボウル

☞発音を聞く

直訳すると「ニワトリのお尻」。半球型の丸い形からそう呼ばれています。「ボウル」と一言で言っても、いろいろ呼び名があります。シンプルに「bol(ボル)」と呼ばれることもあれば、「bassine(バシーヌ)=そこが平らになっている安定したボウル」、「saladier(サラディエ)=サラダボウル」、製パン現場で使われる業務用ミキサーのボウルは「cuve(キューヴ)」と呼ばれます。
たくさんあって覚えるのが大変ですが、とりあえずこれらの単語は「ボウル」のことを指すと覚えておけばいいと思います。

 

ほかにも製パン・製菓の道具はたくさんありますので、働き始めは苦労するかもしれませんが、フランスに渡る前にすこしでも覚えて準備しておくと、早く仕事場にもなじめることでしょう。

 

それではBon courage(がんばって)!

 

 

関連リンク

この記事をシェアする
Writer
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
映像制作とフランス語関連の記事担当。18年のフランス在住経験あり。フランス生活で得た気づきやエスプリを生かして面白い&センスの良いコンテンツづくりを目指します!好きなお菓子はダントツでタルトタタン。
1
ARTICLE
2022.10.11
女性も長く働ける製菓・製パン業界へ!vol.2「家族の笑顔を生み出してきたパンとお菓子のお店」gloupan 片倉 知美
chefno編集部
パティシエール兼ライターの卵 ハルミ
2
ARTICLE
2022.12.02
ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.44『Fouée (フエ)というパンをご存知ですか?』
成澤 芽衣
3
ARTICLE
2022.05.04
「素材の自社加工」と「我が街のブランド化」で快進撃を続けるケーキハウス ツマガリ
吉村 智樹
4
ARTICLE
2021.12.09
ケーキ自販機が活躍!コロナ禍で売り上げに悩むパティスリーを救う
chefno編集部
編集長 リョウ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!