ARTICLE
2021.11.25
フランスからつづる!パティシエ通信 by岸 綾子 Vol.2「フォンテーヌブロー城での夜会」

Bonjour!
パティシエの岸です。

ここ最近のフランスはというと、とても寒くなり、夜は特に冷え込みが厳しく真冬のようです。
朝方から仕事をする私にとっては厳しい季節の訪れです。

さて今回は、
つい先日フォンテーヌブローの市長によるソワレ(夜会)がフォンテーヌブロー城で開催され、私はその宴会でミニャルディーズ(食後のコーヒーと共に出される小さなお茶菓子)の提供を担当する栄誉にあずかりましたので、その様子を少しお伝えします。

すっかり夜も深まった頃、フォンテーヌブロー城へと向かいました。

この会には、周辺の街に住む著名人や経営者が招待され、その中には中世時代の仮装をして出席している招待客もいました。
その様子を見ていると、まるでその時代にタイムスリップをした様な感覚になりました。

素晴らしい雰囲気の余韻がまだ残るなか、提供するお菓子を準備するため、厨房に向かいます。
その厨房は薄暗く、リアルに中世の調理場を彷彿とさせる雰囲気があり、何だか当時の宮廷料理人になったような気分でした。

薄暗い厨房で製造したお茶菓子

パティシエとして、そしてフランスが好きな自分にもいい機会となりました。

 

私が働いているお店『ラ・パティスリー』
instagramはこちらから

 

関連リンク

☞『パティシエ通信  Vol.3「ボキューズ・ドール国際料理コンクールとSIRHA2021 を見てきました」』はこちらから

この記事をシェアする
Writer
岸 綾子
岸 綾子
運営サイトはこちら
L'a pâtisserieシェフパティシエ。 日本では、神戸の『御影高杉』、『モンプリュ』で修業後、実家のパティスリーボンファルタに戻り9年シェフを務めました。 2016年に渡仏後は、ロレーヌ地方のパティスリー フレッソン、パリのオテル ル ブリストルやメゾン マルケス(ブーランジェリー パティスリー)などで就労し、現在フォンテーヌブローの『L'a pâtisserie』シェフパティシエとして働いております。フランスから、私目線でフランスの魅力やお菓子のこと、日々の出来事を綴ります。
1
ARTICLE
2022.10.11
女性も長く働ける製菓・製パン業界へ!vol.2「家族の笑顔を生み出してきたパンとお菓子のお店」gloupan 片倉 知美
chefno編集部
パティシエール兼ライターの卵 ハルミ
2
ARTICLE
2022.12.02
ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.44『Fouée (フエ)というパンをご存知ですか?』
成澤 芽衣
3
ARTICLE
2022.05.04
「素材の自社加工」と「我が街のブランド化」で快進撃を続けるケーキハウス ツマガリ
吉村 智樹
4
ARTICLE
2021.12.09
ケーキ自販機が活躍!コロナ禍で売り上げに悩むパティスリーを救う
chefno編集部
編集長 リョウ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!