ARTICLE
2022.03.22
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第12回『味の表現』

いつかフランスで働きたい!という方へ。

このシリーズでは、押さえておくべき基本から、実際に製パン・製菓の現場で使われている言葉や、教科書には載っていないけど日常生活の会話に良く出てくる表現などにフォーカスして、かゆいところに手の届く“使える”フランス語をご紹介します。

フランス語って難しいイメージがありますよね。

その通り。フランス語はたしかに難しいです。
いざ勉強をはじめてみると女性名詞や男性名詞の違い、動詞の語尾変化や発音の難しさなど、なかなか一朝一夕にマスターできるものではありません。

それでもみなさんの夢がすこしでも近づくように、ポイントをおさえて楽しくフランス語を学び、役立ててもらえると嬉しいです!

 

「味の表現」

製パン・製菓に携わっている皆さんにとって、「味」というのは最も重要な、欠かすことのできない要素だと思います。
パンやお菓子を食べた時には、より的確な表現が求められることでしょう。
前回は「美味しい・美味しくない」といった味の感想の表現を紹介しましたが、今回は食べ物を評価するときに必要な、「甘い・塩辛い」など、味覚に関連する表現を紹介します。

Sucré(スュクレ)=甘い
☞発音を聞く

Salé(サレ)=塩辛い
☞発音を聞く

砂糖は「Sucre(スュクル)」塩は「Sel(セル)」ですからそのままの意味ですね。

Doux(ドゥ)=甘い
☞発音を聞く

「Doux」には「柔らかい・優しい」という意味もありますので、果物などの自然な甘さを表すときにはこちらを使うことができます。

Piquant(ピカン)=辛い
☞発音を聞く

あらゆる「辛い」をカバーする言葉ですので、一番よく使われる言葉です。「刺すような」というニュアンスが含まれます。

Pimenté(ピマンテ)=辛い
☞発音を聞く

同じく「辛い」を表現する言葉ですが、唐辛子(カプサイシン)の要素が含まれているかどうかによって使い分けることができます。例えばワサビの辛さは唐辛子のような辛さとは違いますので「Piquant」のほうを使います。

「Pimenté」の語源は「Piment(ピマン=唐辛子)」です。ではピーマンはというと、フランス語では「Poivron(ポワヴロン)」といいます。ちなみに日本で赤と黄色のピーマンを指すときに使う「Paprika(パプリカ)」というのはドイツ語です(ドイツではピーマン全般を指します)。

Epicé(エピセ)=スパイスが効いている
☞発音を聞く

こちらも「辛い」の表現の中に入る言葉ですが「Epice(エピス=スパイス)」の語源の通り「スパイスが効いている」という意味になります。ですので、必ずしも「辛い」を表すという訳ではなく、例えば「シナモンが効いている」という時にも、辛くはないですが「Epicé」を使うことができます。

Amer(アメール)=苦い
☞発音を聞く

Acide(アシッド)=酸っぱい
☞発音を聞く

 

次回は食感にまつわる表現を紹介したいと思います。

それではBon courage(がんばって)!

 

関連リンク

この記事をシェアする
Writer
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
映像制作とフランス語関連の記事担当。18年のフランス在住経験あり。フランス生活で得た気づきやエスプリを生かして面白い&センスの良いコンテンツづくりを目指します!好きなお菓子はダントツでタルトタタン。
1
MOVIE
2022.02.23
赤崎哲朗シェフ(Philo&Co.)×冨田大介シェフ(カルチェ・ラタン) スペシャル対談 / プロローグ 「冨田シェフが赤崎シェフの新店舗を訪問」
chefno編集部
2
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
3
ARTICLE
2022.05.19
フランスからつづる!パティシエ通信 by木村 翔 Vol.4『ワーキングホリデーで経験した苦い思い出があるから今がある』前編
木村 翔
4
ARTICLE
2022.05.20
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.23『フランスでの食生活について』
成澤 芽衣
無料会員を募集しています!
chefnoでは、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!