ARTICLE
2022.11.29

ヴァンドゥーズから学ぶ接客術Vol.10「愛情いっぱいの接客でお客様をおもてなし」ケーキハウスリバージュ 恩智克枝

株式会社 マツヒサ ケーキハウス リバージュ 専務取締役兼ヴァンドゥーズ
恩智 克枝さん
高校卒業後、家業であるリバージュで販売として従事
1990年:大阪府洋菓子技術専門校卒業
1996年:専務取締役就任
2011年:ヴァンドゥーズ認定取得
2015年:ヴァンドゥーズ協会テクニカルリーダー任命
2017年:大学非常勤講師としてヴァンドゥーズ講義を担当
運営サイトはこちら

シリーズ「ヴァンドゥーズから学ぶ接客術」。

「ヴァンドゥーズ」という仕事を通して、接客術を学ぶこのシリーズ。

第10弾にご登場をいただくのは、⼤阪府に3店舗展開するケーキハウス「リバージュ」の恩智 克枝さん。2011年に⾏われた「ヴァンドゥーズ認定試験」に合格、2015年にはヴァンドゥーズ・テクニカルリーダーに任命され、現在はヴァンドゥーズ認定試験の認定審査員も務められています。店頭に⽴ちスタッフの育成をするかたわら、⼤学の⾮常勤講師としてもヴァンドゥーズの講義を行うなど、未来のヴァンドゥーズ育成にも精⼒的に活動されています。

そんな恩智さんのヴァンドゥーズに対する想いについて伺いました。

 

迷わず進んだヴァンドゥーズへの道

「愛情いっぱい(思いやり)」をモットーに、1971年大阪府堺市にオープンしたケーキハウス リバージュ。恩智さんのご両親が始められたお店です。

リバージュ店舗外観

▲現在リバージュは堺市に本店・津久野店、岸和田市に東岸和田店と、3店舗展開(写真は東岸和田店)

「父は製造、母は販売と、毎日忙しくしていました。とくにクリスマスやお正月は猫の手も借りたいほど…当時学生だった私も、その期間はお店の手伝いをしていました」

毎日懸命に働くご両親の姿を見ていた恩智さん。高校卒業後は迷わず家業の販売員への道を選択しました。

堺市の街並みにちなんだお菓子はユーモアもたっぷり

▲堺市の街並みにちなんだお菓子はユーモアもたっぷり

ご覧いただくには、
会員登録(無料)が必要です。
この記事をシェアする
Writer
さとう れいこ
さとう れいこ
運営サイトはこちら
大阪在住フリーライター&カメラマン。取材・インタビュー記事、SEO記事など幅広くジャンルレスに執筆しています。
1
「dining33」浅井拓也シェフ
ARTICLE
2024.05.16
一番弟子、そして指導者-2つの顔を持つ「dining33」浅井拓也シェフにインタビュー
SaveurAmi
2
ARTICLE
2022.03.15
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第11回『味の感想』
chefno編集部
編集長&映像制作 コウヘイ
3
ARTICLE
2024.05.14
美味しさと美しさにこだわる進化し続けるヴィエノワズリー ラ ブランジェ リシェ 遠藤 信行
ベーカリーパートナー編集部
4
ARTICLE
2022.05.09
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第19回『あいづち』
chefno編集部
編集長&映像制作 コウヘイ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!