ARTICLE
2021.12.08
フランスからつづる!パティシエ通信 by岸 綾子 Vol.4『ノエル、ガレットシーズンに向けて準備』

皆さんBonjour。
パティシエの岸です。

先日、ノエルとガレットシーズンに向けて、ホームページで掲載する為の商品写真の撮影がありましたので、その様子をちらっとお見せします。
実は、休日出勤(笑)

撮影では、
シェフキュイジニエであるオーナーは、オマール海老を使った料理などを何品か 準備していました。

私は、今年のブッシュドノエルと来年のガレット・デ・ロワを準備!
このお店がスタートしてから初めてのノエルとガレットシーズンなので気合はいってますっ!

今年のL’A pâtisserieのブッシュドノエルは、まだパティスリー専用のラボがないということもあり、1種類のブッシュドノエルを300台限定で販売します。
お値段は80ユーロと少しお高めですが、タヒチ産のバニラやボルディエのバター、そしてマカダミアナッツをふんだんに使い、値段設定に負けないリッチで食べ応えのあるビッシュに仕上げました。

ブッシュドノエル

ガレット・デ・ロワも同じ理由で限定販売にしますので、今回はレイエ(生地に切り込みを入れて模様をつける) にも気合が入っています!

ガレット・デ・ロワ

それぞれの撮影用準備が整った所で、プロのカメラマンが撮影を開始!

 

撮影の後は、写真撮りに使った料理と共にシャンパンを頂くという、素敵な休日でした。
ノエルも頑張って乗り切るぞー!!

この記事をシェアする
Writer
岸 綾子
岸 綾子
運営サイトはこちら
L'a pâtisserieシェフパティシエ。 日本では、神戸の『御影高杉』、『モンプリュ』で修業後、実家のパティスリーボンファルタに戻り9年シェフを務めました。 2016年に渡仏後は、ロレーヌ地方のパティスリー フレッソン、パリのオテル ル ブリストルやメゾン マルケス(ブーランジェリー パティスリー)などで就労し、現在フォンテーヌブローの『L'a pâtisserie』シェフパティシエとして働いております。フランスから、私目線でフランスの魅力やお菓子のこと、日々の出来事を綴ります。
1
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
編集長 リョウ
2
ARTICLE
2022.09.15
第9回モンディアル・デュ・パン日本代表選考会レポート!
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
3
ARTICLE
2022.03.02
パンづくりとは我慢や苦労ではない。パン業界の古い慣習をなくしていきたい下町の人気店「メゾンムラタ」が語る効率化の重要性
吉村 智樹
4
ARTICLE
2022.05.04
「素材の自社加工」と「我が街のブランド化」で快進撃を続けるケーキハウス ツマガリ
吉村 智樹
無料会員を募集しています!
chefnoでは、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!