ARTICLE
2022.01.27
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第6回『あいさつ』

いつかフランスで働きたい!という方へ。

このシリーズでは、押さえておくべき基本から、実際に製パン・製菓の現場で使われている言葉や、教科書には載っていないけど日常生活の会話に良く出てくる表現などにフォーカスして、かゆいところに手の届く“使える”フランス語をご紹介します。

フランス語って難しいイメージがありますよね。

その通り。フランス語はたしかに難しいです。
いざ勉強をはじめてみると女性名詞や男性名詞の違い、動詞の語尾変化や発音の難しさなど、なかなか一朝一夕にマスターできるものではありません。

それでもみなさんの夢がすこしでも近づくように、ポイントをおさえて楽しくフランス語を学び、役立ててもらえると嬉しいです!

 

「あいさつ」

今回は、人とのコミュニケーションに最も大切な「あいさつ」です。

私たちは皆、小さい頃から幼稚園や小学校で「あいさつをきちんとしましょう」と教えられてきましたが、それは大人になっても、また海外に行っても同じです。
フランスでは、仕事場はもちろんのこと、アパートの中で住人とすれ違う時もちゃんとあいさつをするのが普通です。また、お客としてお店に入った時でも、まず「こんにちは」とあいさつをします。日本では何も言わずにお店に入って品物を見ていても当たり前かもしれませんが、フランスではとても失礼にあたります。

フランスに行って、はじめはちょっと恥ずかしかったりするかもしれませんが、慣れてくれば気持ちを明るくしてくれるよいものです。

それでは、色々なシチュエーションで使える色々なあいさつを紹介していきます。

 

出会った時のあいさつ

Bonjour. (ボンジュール)=こんにちは/おはよう
☞発音を聞く

どんなシーンや関係性でも使える、最も基本的かつ便利なあいさつです。「おはよう」と言う時にもこの言葉を使います。朝昼兼用です。
人と初めて会った時のかしこまったあいさつに「Enchanté. (アンシャンテ」=はじめまして」というものがありますが、無理に使わなくてもこの「ボンジュール」でも十分ですし、失礼にはなりません。

Bonsoir. (ボンソワール)=こんばんは
☞発音を聞く

こちらは夜に人と出会った時に使うあいさつです。

Salut. (サリュ)=やあ/じゃあね
☞発音を聞く

こちらはもっとカジュアルなあいさつになります。朝・昼・晩いつでも使え、さらに別れる時にも使える万能プレーヤー。友達間のあいさつでよく使われます。イタリア語の「Ciao(チャオ)」みたいなものでしょうか。

 

別れる時のあいさつ

Au revoir. (オ・ルヴォワール)=さようなら
☞発音を聞く

最も基本的な、人と別れる時のあいさつです。お店を出る時にも忘れずに言うようにしましょう。

 

つかえる表現①

À demain. (ア・ドゥマン)=また明日
☞発音を聞く

このように「À」の後ろにくる言葉を入れかえるだけで「また~に」という表現ができます。
例えば「lundi (月曜日)」を後ろにつけると「À lundi. (ア・ランディ)=また月曜日にね」となります。
この「À~」を使った表現はほかにも色々あります。

À plus tard. (ア・プリュ・タール)=また後で
☞発音を聞く

À tout à l’heure. (ア・トゥタ・ルール)=また後で
☞発音を聞く

À bientôt. (ア・ビアント)=また近いうちに
☞発音を聞く

 

つかえる表現②

Bon week-end. (ボン・ウィーケンド)=よい週末を
☞発音を聞く

このように「Bon」の後ろに言葉をつけると「よい~を」という意味のあいさつになります。相手が「これからすること」によって、後ろに続く言葉を使い分けます。
注意する点として、「Bon」の部分は後ろにくる名詞の性別や、単数・複数かによっても変化します。

「Bon(またはBonne)」を使ったあいさつの例をいくつか挙げてみます。

Bonne soirée. (ボンヌ・ソワレ)=よい夜を(女性単数名詞)
☞発音を聞く

Bonne nuit. (ボンヌ・ニュイ)=おやすみなさい(女性単数名詞)
☞発音を聞く

Bonnes vacances. (ボンヌ・ヴァカンス)=よいヴァカンスを(女性複数名詞)
☞発音を聞く

Bon film. (ボン・フィルム)=よい映画を(男性単数名詞)
☞発音を聞く

 

フランス語には他にももっとたくさんのあいさつの表現があります。これらを使いこなして気持ちのよいコミュニケーションを心がけることで、より早くフランス生活に溶け込めるでしょう。

それではBon courage(がんばって)!

 

関連リンク

この記事をシェアする
Writer
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
映像制作とフランス語関連の記事担当。18年のフランス在住経験あり。フランス生活で得た気づきやエスプリを生かして面白い&センスの良いコンテンツづくりを目指します!好きなお菓子はダントツでタルトタタン。
1
MOVIE
2022.02.23
赤崎哲朗シェフ(Philo&Co.)×冨田大介シェフ(カルチェ・ラタン) スペシャル対談 / プロローグ 「冨田シェフが赤崎シェフの新店舗を訪問」
chefno編集部
2
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
3
ARTICLE
2022.05.19
フランスからつづる!パティシエ通信 by木村 翔 Vol.4『ワーキングホリデーで経験した苦い思い出があるから今がある』前編
木村 翔
4
ARTICLE
2022.05.20
フランスからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 芽衣 Vol.23『フランスでの食生活について』
成澤 芽衣
無料会員を募集しています!
chefnoでは、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!