ARTICLE
2023.02.03

オーストラリアからつづる!ブーランジェ通信 by成澤 聡Vol.02『メルボルンでは食パンとカツサンドがブーム!』

メルボルンのベーカリー

こんにちは。 

1月に入り、メルボルンは夏らしくなってきました。日本と季節が真逆のオーストラリアでは、クリスマスや正月は半袖短パン、サンダルの季節。サンタクロースもサングラスに半袖姿で、時にはサーフィンをしている姿も見かけます。
でも、日本で生まれ育った僕にとっては、やっぱりお正月は寒くないとしっくりこないものです。厳かさに欠けるというか、師走感がないというか。 

ジャカランタの花

▲ジャカランタの花が咲いたら夏到来の合図

今回は、ここ23年のメルボルンのベーカリートレンドについてお伝えしたいと思います。本題に入る前に、まずは予備情報として、メルボルンの食文化についてお話しします。 

移民大国であるオーストラリアは、ぼくも含めて、様々な国から移り住んできた人々が共生するマルチカルチャーな社会。なかでもメルボルンはオーストラリアの「カルチャーキャピタル」として知られ、様々な国の文化が付かず離れずバランスよく街全体に根づき、人々の日常に溶け込んでいます。 

メルボルンの街並

▲様々な国の言葉が書かれた街中のクリスマスデコレーション

ヨーロッパ、地中海、中東、アジアや中南米など、世界各地の影響を受け育まれたメルボルンの食文化はカジュアルかつ良質で、豊富な選択肢が特徴です。
街を歩けばイタリア料理、ギリシャ料理、中華料理、ベトナム料理、マレーシア料理、レバノン料理、インド料理、エチオピア料理などなど…あげればキリがないほどの多国籍ぶり。メルボルンの人々が美味しいものに敏感で舌が肥えているのにも納得です。 

もちろん日本食も充実しています。高級寿司店からチェーン展開の巻寿司屋、日本さながらそれぞれの個性を発揮するラーメン店、和定食やおにぎりなどを提供するおしゃれなカフェなど。そしてメルボルンの人たちは日本食が大好き。メニューや価格帯、お店の形態に関わらず人気があります。 

メルボルンのスワンストン通り

▲メルボルンシティの目抜き通り、スワンストン通りはアジアンレストランが充実

このように多種多様な食文化が楽しめるメルボルンでは、パンの種類も豊富です。
定番のサワードウブレッド、バゲットやチャバタ、シナモンロール、クロワッサンやデニッシュ系(数多あるベーカリーの中には、スイートスターターと呼ばれる自然発酵種を使って20時間程発酵させてクロワッサンを焼くお店もあります) 、バブカやベーグル、フラットブレッド、それに日本やアジアでよく売られている菓子パンなど、ありとあらゆるパンが手に入ります。 

そんなラインナップのなかに、日本の定番である食パンが仲間入りしました。
というのも、メルボルンでは23年前から「カツサンド」が流行りだしたからなんです。 2019年にSaint Dreux(サンドリュー)というカツサンド専門店ができた頃から、メルボルンのカフェやダイニングなどではカツサンドがメニューに登場するようになりました。従来からの日本食人気もあり、カツサンドはメルボルンの人々にすぐに受け入れられ、グルメサイトや新聞などでも、「Katsu-Sando」と日本語での呼び名のまま紹介され話題になりました。 

じつは、先程カツサンド専門店として紹介したSaint Dreuxでは、僕の焼いている食パンが使用されています。メルボルンでの食パン作りや、パンが導いてくれたSaint Dreuxとの縁については次回にお話ししたいと思います。 

Saint Dreuxの食パン

▲Saint Dreuxに卸している僕の食パン

そして、カツサンド人気と同時に、カツサンドをつくるための大事な食材として食パンが「Shokupan」とこれまた日本語の呼び方のままで取り上げられました。
それまでオーストラリアには、食パンのようにやわらかくて中身が白いパンがなかったわけではありません。従来からあるWhite Sandwitch Bread(ホワイトサンドウィッチブレッド)という食パンに似たパンは、その名の通り、サンドウィッチ用のパンとしてどこのスーパーでも売られています。見た目も用途も食パンと似ているのですが、メルボルンでは、カツサンドに使われている食パンが「あまりにも柔らかくて美味しい!」ということで、それまでのサンドウィッチブレッドとは似て非なるものとして人気を得たようです。 

メルボルンで人気のカツサンドと食パン

▲街中の日系パン屋さんでも食パンとカツサンドが看板商品

今では、食パンを扱っているベーカリーがあったり、いくつかのカフェ(主に日系又はアジア系)が自家製食パンを焼き、カツサンドはもちろんトーストを提供しています。さらに、日本食材を売っているアジア系のスーパーでは、日本から輸入された食パンを冷凍で販売しているところもあります。 

長きにわたって多くの国籍の人間が移り住んで文化を形成してきたオーストラリア。異国のものを受け入れるスピードも、他の国々に比べると早いように感じます。カツサンドの次は何が流行るのか、ベーカリー界の動向が気になります。 

この記事をシェアする
Writer
成澤 聡
成澤 聡
運営サイトはこちら
パン職人になってかれこれ20年余。2012年、縁あってオーストラリアに移住。2022年12月、仲間と共にベーカリーとコーヒーロースタリーが併設した店舗をオープン。マルチカルチャーなオーストラリアの文化と人々に刺激されながら、美味しくて、楽しくて、そしてサステナブルなパン作りを日々模索しています。オーストラリアはメルボルンから、パンにまつわるエトセトラはもちろん、日々のことなどをお届けします。
1
ARTICLE
2022.03.15
フランスにいったら役に立つ!かんたんフランス語講座 第11回『味の感想』
chefno編集部
編集&映像制作 コウヘイ
2
犬型のクッキー
ARTICLE
2024.02.13
店舗を持たない運営。SNSから広がった犬モチーフのお菓子が話題「Maison terrier(メゾン・テリア)」
shiori icon chefno編集部
エディター兼ライター シオリ
3
ARTICLE
2021.11.11
パン屋が抱える5つの課題を解決できる、パンの自販機の魅力とは
chefno編集部
編集長 リョウ
4
chefno
ARTICLE
2023.11.07
開業を目指すパン職人・パティシエに読んでほしい 開業直前パティシエールが先輩パティシエールに本音で質問しました!【前編】
chefno編集部
パティシエール兼ライターの卵 ハルミ
無料会員を募集しています!
chefno®︎では、会員登録することによって、会員限定のコンテンツを視聴したり、 製パン・製菓のセミナー(無料・有料開催)に参加することができます。 ほかにもいろんな特典を考えております。みなさまの登録をおまちしています!